8月半ばに全商品の再入荷を予定しております!今しばらくお待ちくださいませ。We are hoping to have everything restocked by mid-August!

コンポスト!?How I compost at home in Tokyo


【English follows Japanese】
 

コンポストについて聞かれることがあります。実はコンポスト、私もわからないことがまだいっぱいあるミステリアスな世界なのです。環境、土、ガーデニング、科学、微生物…知れば知るほど奥が深い。

でも今回のブログはシンプルです!

私みたいに東京や他の都会に住んでいる方は庭などがないことが多いので、ここで紹介するコンポストはアパートで始められるものです。ベランダなどの外のスペースが少しでもあると便利です!

まずは基本から!コンポストってなに?

コンポストとは、有機物を微生物の働きで分解させて堆肥にする処理方法、またはその堆肥のことをいいます。私の場合、その有機物=生ゴミが基本です。
そして、そのコンポストを庭や農園をお持ちの方は肥料として使われます。

私の目的は、日本では焼却や埋め立てにされてしまう「一般ゴミ」に混ざって捨てられる生ゴミの量を減らすことです。

なぜ「一般ゴミ」に混ざって捨てられる生ゴミを減らしたいのか?

家庭ゴミの約4割が生ゴミであることをご存知ですか?野菜の切り落としや、食べ残し。イギリスに住んでいるときは、地域によっては、生ゴミは生ゴミとしてコンポスト用に一般ゴミとは別で回収してくれたのですが、日本ではそのような仕組みがほぼないです。

それに加え、生ゴミは水分のせいですごく重いゴミなのです。

生ゴミを一般ゴミにそのまま捨てると:
✖️焼却に使うエネルギーがもっと必要となる
✖️ゴミを運送するために二酸化炭素がもっと必要となる
✖️焼却所や埋立地に場所がもっと必要となる
✖️埋立地など酸素がない空間に入ってしまうと、分解する際にメタンガスが排出されてしまう

===============================


私が家で使用しているコンポストの方法:ボカシ容器

英語ではただ「ボカシ」と呼ばれているこの生ゴミ減量の方法ですが、
ボカシとは、米ぬか、もみ殻、糖蜜などを混和して乾燥させたもので、
これを専用のゴミ箱のようなものの中で生ゴミに振りかけると、微生物の働きで発酵、堆肥化を促進します。
ここでは「ボカシの粉」と名付けます!

そのプロセスの中、発酵した生ゴミと液体肥料が出ます。両方、植物にはすごく栄養がある堆肥です。

始める前に覚えていただきたいので、ボカシを使ったコンポストのやり方は生ゴミがなくなる方法ではありません。消えないです!
生ごみの形を残したまま水分がぬけたものになりますので、その後の処理などについては続きを読んでください〜↓

🍐私が使っているコンポストのシステム

必要なものは主に二つ:

  1. ボカシ容器。私が使っているのはこちらです。通常キッチンの引き出しの中に置いています
  2. ボカシの粉。私が使っているのはこちらです

 

 

🍐やり方

  1. 生ゴミをボカシ容器に入れ、その上からボカシの粉を薄く振りかける
  2. 同じように3-4cmほどの生ゴミにボカシの粉を交互にかけていく
  3. 発酵液が溜まったら、その都度取り出す。液は溜めずに、2日に一回ほど出すのがおすすめ。
    取り出した液は、その日のうちに肥料などに1000倍液にして使うか、原液のままトイレに入れると臭いが消えるらしい!私は家の中の植物用の肥料にするか、時間がないときはシンクに流しています
  4. ボカシ容器がいっぱいになったら、2週間ほど置いて、発酵させる。引き続き、液体肥料を出すのを忘れずに
  5. 発酵している間は、もう一つボカシ容器があればそれを使い始める。ちなみに私は一個だけしかないので、その期間は生ゴミを一般ゴミにしています
  6. コンポストの処理!

発酵した生ゴミの最後のステップとしては、いくつかオプションがあります:

土に埋める。
野菜や植物を育てるのであれば、発酵した生ゴミの肥料を土に埋めて、健康な土を作ります。私は、ベランダにおいてあるダンボールに土を入れていて、溜まった生ゴミ肥料はそこに埋めています。大きめの鉢植えでもOK。

ボカシではないコンポストのシステムに入れる。
発酵したものではなくそのまま生ゴミなどを使って肥料を作るコンポストに混ぜてしまう。でも、そのようなある意味本格的で手間がかかるコンポストをすでに手がけているのであれば、このブログを読んではいないかも!?

一般ゴミと一緒に捨てる。
わざわざ時間をかけて生ごみを発酵させた後に一般のゴミと焼却・埋め立て用に捨ててしまうやり方はちょっと残念だと思います。しかし、バルコニーもないし、良い土もいらないし、ということであれば、せめて生ゴミの水分を抜いたので、焼却するのにかかるエネルギーは減らせるかも…!
コンポストをする理念とあまり一致していない処理法なのであまりおすすめはしませんが、オプションではあります。

お庭や農園を手がけている知り合いにあげる。
発酵した生ゴミをどう届けるかはお任せします…

 

🍐追加情報

  • ボカシ容器の蓋をしっかり閉めること!空気が入ったりすると発酵しにくいのと、あとは虫などが入ると嫌なので。

===============================

他の選択肢

LFC コンポスト
最近SNSでちょっと話題のこのおしゃれなコンポスト。セットにはジップ付きの専用バッグと私が上記で名付けた「ボカシの粉」のようなものと思われる「配合基材」が付いてきます。バッグが何製なのかの情報は見つかりませんでした。

メリット:やり方が簡単で素敵なデザイン!
デメリット:コンポストについて学ぶ機会もないくらい簡単;小さい;続ける場合は一年に1万円ほどはかかりそう

ブレンダー・コンポスト
ボカシ容器の場所やプロセスにかける時間がない場合は、生ゴミを素早く植物の肥料に帰る方法もあります!
生ゴミを、生ゴミの4分の1ほどの水と一緒に入れて、ミキサー(ブレンダーとの違いがわからない笑)でスープのような液体を作るだけ。生ゴミを砕くことで植物が摂取しやすくになります。
そのまま植物の周りの土にかけるだけ!上からちょっと土をかけるのもOK

メリット:超簡単!
デメリット:一定の量の生ゴミを集めないといけない

 

================●===============
===============================


A lot of people have asked me about composting – and quite frankly, there is a ton that I don’t know myself, yet. It’s a complicated and mysterious world of environment, soil, gardening, chemistry, bacteria, etc…

But in this blog post, I’ll keep it simple.

I’d like to outline below how we can make a compost in an apartment or flat, as many of us living in Tokyo or other big cities do not have large gardens to experiment with. 

Let’s start with the basics: What’s a compost?  

Compost is decomposed organic material – in my case, made from kitchen scraps.

Gardeners use compost as fertilizing material for their garden soil. My aim is more to reduce the amount of organic waste that goes into my “usual” bin, which in Japan, will be incinerated or put in landfill.

Why do I want to reduce the amount of organic waste that goes into my “usual” bin?

Did you know that around 40% of our household waste is made up of organic waste like food scraps? That is, any bits from fruits and vegetables that you cut off, and cooked foods that are not consumed, etc.
Back in the UK, it was normal that we had a small compost bin which was collected every week, but in Japan, it’s not very common for municipalities to collect our organic waste.

What’s more is that organic waste is heavy – the water content of fruits and vegetables contributes to much of the weight.

That means:
✖️more energy is required to burn the moist foods
✖️more CO2 is required to transport the weight
✖️more space is required in incinerators or landfill, and
✖️more methane is emitted from landfills (gas that is released as the organic matter rots away without enough oxygen in it)

===============================

The kind of compost system I have at home: Bokashi composting 

Bokashi composting is accelerated composting using bokashi bran, which is a wheat bran with effective micro-organisms (EMs).
In simple terms, the bran helps ferment, or “pickle”, our kitchen scraps. In that process, overtime, the water content of the scraps is released. Both the water and the fermented kitchen scraps can be used to make soil healthy and fertile! 

Please note that the Bokashi system does not make your food waste disappear.
For that, you need the final step of actually burying the waste into soil.
Read on to find out more… 

🍐This is the compost system that I use

You need two “items” to ferment your waste:

  1. A Bokashi compost bin. This is the one I have. (usually it’s in the kitchen!)
  2. Bokashi bran. This is the one I have.
 

 

🍐Step-by-step

  1. Add your kitchen scraps into the Bokashi box, and then sprinkle a thin layer of bran
  2. Continue layering around 3-4cm of food waste for every handful of bokashi
  3. Drain the “Bokashi juice” liquid every 2 days or so using the tap on your Bokashi bin
    Side note: you can use the bokashi juice for your plants (make sure to dilute it! 1:100 bokashi:water ratio) or flush it down your sink/toilet
  4. Once full, leave the bokashi bin for about two weeks to let everything ferment – do continue to drain the liquid like in step 4!
  5. If you have a second bin (I actually don’t at the moment), start filling that one while the other ferments
  6. Finish the compost

To rid of your fermented waste, you have options:

  • Mix the fermented kitchen waste with soil. Great if you are planning to plant flowers or your own vegetables with the fertilized healthy soil
    In my case, I bury my fermented waste in a large cardboard box outside on my balcony, but it can also be a large flower pot, for example. 
  • Add it to regular compost. But if you have a regular compost already, you may not be reading this how-to on what to do with kitchen waste in a small apartment space, anyway. However, the pickled food waste apparently helps break down the fibers in the compost and keeps up the heat.
  • You could also throw it into the usual bin. I think this is wasteful, as you spent a lot of time and effort into making great compost! However, it would still be a little less “harmful” to the environment because you have drained moisture out of the waste, making it easier to incinerate.
    Again, I wouldn’t recommend this as it kind of doesn’t go hand-in-hand with the “aim” of composting!
  • Give it to your avid gardener or farmer friend. Don’t ask me how to transport it to them on public transport…

 

🍐Additional tips

  • Make sure you close the lid firmly! You wouldn’t want air to come in, as it could attract flies but also because it wouldn’t ferment properly.

===============================
 

Other options

LFC Compost: This one has caught a bit of a buzz lately for its chic design and compact size. The set includes a bag with a zip (no information on what the material is), a paper bag, and compost “base material” (again, not sure what exactly is in it, but it’s something that supports the breakdown of your organic waste).

Pro: Simple to use; nice design
Con: Doesn’t allow you to learn more about compost because it’s all laid out for you; small size


Blender composting: Keeping up a Bokashi bin requires some space and some dedication! So if that is all a little too much for you, how about turning your kitchen waste into plant food?

Simply mix your organic waste with water (about 1/4 water to the amount of kitchen waste), blend it in a mixer machine. This will allow your waste to start breaking down, and will be absorbed quicker by your plant.You want it to look like soup.
Pour it on the soil around your plant! And that's it! You could cover it with a bit of soil if you’d like to “seal” it.

Pro: So quick! Easy to apply
Con: You have to collect a good amount of food scraps

0件のコメント // 0 comments

  • まだコメントがありません。最初にコメントを投稿しましょう! // There are no comments yet. Be the first one to post a comment on this article!

コメントを残す // Leave a comment

コメントは承認され次第、表示されます。 // Please note, comments must be approved before they are published.